IMAI HOUSE

IMAI HOUSE

基本計画を開始したのは確か2004年の春だったかと思う。着工は2007年6月。竣工は2008年3月。まるまる4年を費やしたこの住宅計画は我々設計事務所ディ・アークが最初に手掛けたプロジェクトになる。そしてこのプロジェクトはディ・アークの今後の方針を決定づけることとなった。その方針はこちらになる。

「施主の想いをかたちにする」

“IMAI HOUSE” の続きを読む

施主の想いを形にすること

施主の想いを形にすること。

こだわってきたことはいくつかあるのだけれど、もっともこだわってきたことがそれだ。

一口に想いを形にするとはいっても、そうそう容易いことではない。基本的なプランや形状が決まるまでに数年を費やすこともあった。

想いを形にするためにとても大事なこと。それは施主の想いがどういったものであるのかを施主にわかっていただくことだ。

施主が思い描く建築の姿。大抵の場合とても明確なイメージを伴ったものである。と同時に空間的にはとてもあやふやな場合がほとんどだ。

“施主の想いを形にすること” の続きを読む

【2019/10/31まで限定】建築CGパース5カットまで無料で作成致します(※建築CGアニメーション制作をご依頼いただけた場合に限ります)

KONO HOUSE

本日(2019/9/26)から2019/10/31までに、建築アニメーション制作をご依頼いただけた場合、建築CGパースを5カットまで無料で作成致します。

ご依頼の際は、お問い合わせページ(https://di-arc.net/contact-us/)、もしくはこちらのメールアドレス(saeki@di-arc.net)までご連絡下さい。

ご依頼お待ちしております。

SOHOのある家。程よい距離感を探る家造り。

KONO HOUSE

収入源を一つにするというリスクが顕在化し、多様な働き方が求められてきている昨今。「SOHO」も一つの選択肢として、考えられている方も少なくないのではなかろうか。

そこで、今回はSOHOのある住宅のプランについて考えてみることにしよう。

“SOHOのある家。程よい距離感を探る家造り。” の続きを読む

ケンメリ

ケンメリ

「ぼく、くるま欲しいんだよねぇ」

このところ、息子にこう呟かれている。頻繁に。とくに朝。保育園に連れて行くときには必ず呟いているんじゃないかなぁ。「いやいや、横浜で車なんてもつ必要ないんだよ。どこでも電車やバスで行くことができるからね」(カーシェアも充実しているしね)と、息子に言い聞かせながら(自分にも言い聞かせながら)、僕は繋がった手の先にあるとても美しい二つの瞳を覗き込む。息子の瞳はくるくると色々なものを吸い込みながら、くるくると色々なものを発信しているように見える。「ほんとうにくるまっていらないの?」とでも言うような光の信号を発信しながら、くるくる回る瞳はもう次の獲物を探しているようだ。「なんでゴジラって家を壊すの?」

“ケンメリ” の続きを読む

結局は収納が中心になるプランが良いのだろうか

KONO HOUSE

収納が中心となるプランを勧めるいくつかの理由

この数年、割と頻繁に思うのだが、収納を中心としたプランは、多くの人にとって理想的な住宅プランなり得るのではないか、と。

いくつかそう思うに至る理由がある。

“結局は収納が中心になるプランが良いのだろうか” の続きを読む

ホームページをリニューアルしました。

KONO HOUSE

この度、新しくドメインを取得し、ウェブサイトの引越しを行いました。

引き続き、建築デザインのご依頼を承っておりますので、お気楽にご連絡ください。

また、建築パース、建築アニメーション制作のご依頼も承っておりますので、外注先をお探しの際には、是非ご連絡ください。

旧サイトはこちらです。(http://jiga-d.com/di-arc/)