【2019/10/31まで限定】建築CGパース5カットまで無料で作成致します(※建築CGアニメーション制作をご依頼いただけた場合に限ります)

本日(2019/9/26)から2019/10/31までに、建築アニメーション制作をご依頼いただけた場合、建築CGパースを5カットまで無料で作成致します。

ご依頼の際は、お問い合わせページ(https://di-arc.net/contact-us/)、もしくはこちらのメールアドレス(saeki@di-arc.net)までご連絡下さい。

ご依頼お待ちしております。

SOHOのある家。程よい距離感を探る家造り。

収入源を一つにするというリスクが顕在化し、多様な働き方が求められてきている昨今。「SOHO」も一つの選択肢として、考えられている方も少なくないのではなかろうか。

そこで、今回はSOHOのある住宅のプランについて考えてみることにしよう。

SOHOとは

まず、SOHOとはなにか。Small Office/Home Office(スモールオフィス・ホームオフィス)の略語であるSOHO(ソーホー)は、一般的には小さな仕事場や自宅で働くといった形態を示す言葉だ。同時に先の仕事場自体を示す言葉でもあり、そこで働く人のことを示す言葉でもある。要するにまだきちんと確立してはいない言葉だ。僕がSOHOという言葉を使うときは、自宅にある小さな仕事場という意味で使うことが多い。

職住一体な生活。SOHOのある暮らしは今に始まったものではなく、実はかなり古くからある生活様式だ。現在は一般的である職住分離した生活は近代以降に普及した生活様式であり、人類にとっては比較的新しいライフスタイルだ。

歴史的文脈で見ると、近代以降生活空間から分離された空間は職空間だけではない。冠婚葬祭も分離され、住宅は住居専用の空間となっていった。

ここで昔は良かったから近代以前の生活に帰ろうなどと謂うつもりはない。近代以降の生活空間の移り変わりは、それ相応の要因があってのことなのだから。生活空間の変換は原因ではなく結果だ。人々の生活様式の変化に伴い生活空間は移り変わっていっただけだ。

ともあれ、僕が言いたいことは、SOHOに対してなにも気構える必要など全く無いということだ。SOHOは最先端の住宅空間ではなく、古くからある人類にとってとても馴染み深いプランなのだから。

SOHOのある家のプランを決める要素とは

では早速SOHOのある家のプランを見てみよう。

SOHOはプランの一番上にあるスペースだ。エントランスの上にある。

このプランの1番の特徴は、「SOHO」から「小上がり」まで一直線に繋げている「通り土間」と書かれているスペースだ。

「通り土間」にはこの家のスペースがほぼすべて接続している。SOHOから始まりエントランス、シューズクローゼット、トイレ、洗面、風呂、倉庫、キッチン、居間。最後に小上がり。

「通り土間」の機能は廊下としての役割だ。ただ、この役割は結果として持つに至った機能に過ぎない。つまり廊下以外の機能、例えばキッチンやリビングといった機能を「通り土間」がもつ可能性もある。

では、そういった可能性を制限し、何が「通り土間」の役割を廊下機能に限定したのか。

それは距離感だ。

生活のなかにある距離感

1:「通り土間」の役割は廊下に限定されている
2:家の役割のいくつかが「通り土間」に溶け込み始める
3:家の全ての機能が「通り土間」に溶け込んだ

「通り土間」の幅が広がると、「通り土間」にリビングなどの機能が含まれることになる。すると家には「通り土間」空間のみが存在し、その中に溶け込んだリビングなどの機能は、明確で独自の輪郭を保持した領域を持たない、無記名で固定されていない流動的なスペースとして漂うことになる。この大きなワンルーム的なプランの中で、例えば夏は北側にリビングを設定し、冬には南にリビングを設定する。遊牧民的な生活空間。その中にはSOHOも漂っており、家の中にいながらノマドワーカーといった具合になりそうだ。

「通り土間」が狭くなると、そこに収まりきれなくなったリビング等の機能が滲み出てくる。あらゆる機能が溶け込んだ培養液たる「通り土間」が、潮が引くように、静かにその領域を縮小させていくと、何らかの触媒の作用により培養液の中で結晶化したリビングなどのスペースが明確な輪郭を持って立ち現れる。

何らかの触媒とは。それは距離感だ。

「通り土間」の幅を決める主な要因は生活空間に置ける距離感だ。例えば、リビングとキッチンとの距離感。居間とトイレとの距離感。玄関とダイニングとの距離感。風呂場と寝室の距離感。生活空間を構築する上で、考慮すべき距離感はいくつもある。

逆に言えば距離感を配置していくことが生活空間を構築する行為とも言えるだろう。

距離感を決める

そして、それはSOHOを配する際にも当てはまる。家の中でSOHOスペースを造ろうとしたとき、大抵の場合、まず問題となるのが、生活空間との距離感だ。

距離感を決める要素は主に気配だ。

気配は聴覚や臭覚、視覚によって感知されたものだ。その気配の中でも聴覚によって感知されたもの、つまり音は距離感を決める上で大きな要素となってくることが多い。そこで、ここでは音を気配とは別にきちん考慮する項目としてあげておく。

よって、距離感を決める要素は主に音と気配ということになる。

音=聴覚

まずは音について。生活から発生する音と仕事から発生する音。これら二つの音との関わり方をどうするのか。それを決めることにより生活空間とSOHOとの距離感を決めることができる。

例えば、子供の声。仕事モードに没入していても、つい子供の声には敏感になってしまいモードが解かれて困ることもあるだろう。あるいは、子供の声が聞こえないところでは心配になって仕事が手に付かないということだってあるだろう。

例えば、夜にかかってくる仕事の電話の呼び出し音。夜の8時過ぎにかかってくる仕事の電話。せっかく寝付いた子供を起こしてしまうことだってあるだろう。あるいは、そもそも夜の電話は鳴らないように設定しているから構わないということだってあるだろう。

例えば、リビングで見ている映画の音。映画が気になってしまい仕事が手に付かないこともあるだろう。あるいは、そもそも何かしらの音がないと仕事に集中できないので、映画の音は寧ろ大歓迎ということだってあるだろう。

生活から発生する様々な音。親子の会話。テレビの音。掃除の音。歓声。怒声。鳴き声。歓喜。人や家電製品などから、様々な音が様々な思いから生まれてくる。

仕事から発生する様々な音。作業する音。電話の音。打ち合わせなどの話し声。盛大な独り言。気分転換を計る音。人や道具などから、様々な音が様々な思いから生まれてくる。

これらの音とどのように向き合うのか。遮断するのか。許容するのか。歓迎するのか。もしくはその全て、遮断、許容、歓迎を時と場合、もしくは気分で切り替えることを可能とするハード的な何らかの設備を必須条件とするのか。その向き合い方により生活空間とSOHO空間の距離感を決めることができる。

気配=聴覚+視覚+臭覚

次に気配について。生活から漂う気配と仕事から漂う気配。これら二つの気配との関わり方をどうするのか。それを決めることにより生活空間とSOHOとの距離感を決めることができる。

例えば、子供の気配。仕事モードに没入していても、つい子供の気配には敏感になってしまいモードが解かれて困ることもあるだろう。あるいは、子供の気配を感じられないところでは心配になって仕事が手に付かないということだってあるだろう。

例えば、夜に何やらゴソゴソと作業している気配。片やしっかりと寛ぎたい気配。お互いにお互いを煙たがることもあるだろう。いやいや全く気にならない。寧ろ気配を感じないと落ち着いて仕事もできないし、寛ぐこともできないということだってあるだろう。

例えば、リビングで集まっている昔からの知人たちの気配。遠方からきている知人もいる。旧交を暖め合う濃密な気配の傍で仕事などできるはずもない。断じてない。

距離感が決まる

「いずれにせよ、この家にはまだ小さな子供がいる。SOHOでの仕事は夜の10時くらいまですることもざらだ。であれば、寝室とSOHOとの距離は互いの気配を感じないくらいのサイズで必要になる」

「とはいえ、仕事をしながら寝ている子供の様子を確認しなければならない状況もある。その場合はモニターで確認できるようにしよう。ともかく寝た子を起こさないようにすることが肝心だ」

「夫は仕事中に音楽を流している事が多い。しかもかなりの大音量で。さらには私と音楽の趣味も異なる。なのでリビングやキッチンからSOHOとの距離は音を遮る程度のサイズが必要。遮る事ができるのであれば防音の壁でSOHOを取り囲む事でも代用可能」

「僕が仕事するとき、とにかく独りになる空間が必要。なので生活空間とSOHOとの距離はあまり家族の気配を感じない程度のサイズとしたい」

「なにかしら夫と会話をする必要がある事が多い。なので生活空間とSOHOとの距離は会話が可能なサイズとしたい」

・・・・・

音と気配に関わるこのようなやり取りの膨大な蓄積から距離感が決まってくる。

SOHOのある家のプラン

もう一度、SOHOのある家のプランを確認してみよう。

最終的に決まった距離感によって、SOHOと生活空間はこのように配置された。SOHOの配置はほぼ「離れ」と言っても良い程度には生活空間と距離が設定されている。それでもそれぞれのスペースから廊下にひょこっと顔を出したとき、お互いを呼ぶ声は届き合い、会話らしきこともある程度は可能だろう。

エントランスは家族用と仕事の来客用とを兼ねている。仕事の来客はそれほどないので家族のエントランスと共用しても問題ないだろう。寧ろ、日中SOHOにいる人が家族の来客にも対応できるので、SOHOとエントランスは隣接している方が望ましい。

家族はこのエントランスから家に入るとエントランスの下にあるシューズクローゼットに入り、靴を脱いだ後、廊下にでる。仕事の来客はエントランスで靴を脱ぎ、SOHOにそのまま行くこととなる。

SOHOとエントランスを一体の空間としても良いだろう。SOHOはよりゆったりとしたスペースとなるだろう。客からの目線が気になる向きもあるだろうが、SOHOスペース自体もある種の広告スペースと考えれば、客の視界に入ることはマイナスではないだろう。

1階プランの一番下には居間がある。客室も兼ねるこの部屋はSOHOからもっとも離れた所に配置されている。

ちなみに、この家の居間を含めたリビングは、いくつかのスペースの集合体となっている。居間とその左にあるデッキ/オープンエアリビング、そしてデッキの上にあるダイニングキッチン。さらには居間の右側にある小上がり、およびその間にある廊下。こららのスペースの集合体がリビングだ。これらのリビングもそれぞれの距離感によりこのように配置されたのだ。

最後に

SOHOという、通常の家造りにはあまり入ってこないファクターを伴うプランニングをする際に、考慮すべき項目は距離感であるということをこれまで述べてきた。

ただし、SOHOというファクターがない場合の家造りでも、同じように考慮すべき項目は距離感である。つまり、どのようなファクターが追加されたところで、家造りに置ける考慮すべきポイントは変わらないのだ。

家造りは色々と考える事が多岐にわたり、なかなか難しく思える事が多い。ましてや通常の住宅と異なるものを建てようとする場合は尚更だ。だが、よくよく考えればそれほどややこしいことはない。今回のSOHOのプランニングでもそうだが、決めるべきポイントは割と限られてくる。

まずは自分の求めるものを明確にすること。それにより距離感が明確になり、自ずと自分望む家の形が現れてくるはずだ。まあ、自分の求めるのものを明確にする作業が一番難しいとも言えるのだが。

そういう時は、私どものような設計事務所に相談するのが早道だろう。施主の思いを形にするのが設計事務所の役割の一つでもあるのだがら。

駆け足になってしまったが、SOHOのある家についてざっくりといくつかの話をさせてもらった。どうだろう。SOHOのある家を検討している方の参考になれば良いのだが。

ケンメリ

「ぼく、くるま欲しいんだよねぇ」

このところ、息子にこう呟かれている。頻繁に。とくに朝。保育園に連れて行くときには必ず呟いているんじゃないかなぁ。「いやいや、横浜で車なんてもつ必要ないんだよ。どこでも電車やバスで行くことができるからね」(カーシェアも充実しているしね)と、息子に言い聞かせながら(自分にも言い聞かせながら)、僕は繋がった手の先にあるとても美しい二つの瞳を覗き込む。息子の瞳はくるくると色々なものを吸い込みながら、くるくると色々なものを発信しているように見える。「ほんとうにくるまっていらないの?」とでも言うような光の信号を発信しながら、くるくる回る瞳はもう次の獲物を探しているようだ。「なんでゴジラって家を壊すの?」

久しぶりに晴れ上がった週末の日曜日。家族とともにに日産グローバルギャラリーを訪れた。息子の呟きには応えられないが、いくばくかの車への彼の思いは昇華できるのではと淡い期待を抱きながら。

「ケンメリ!?」

日産グローバルギャラリーに着いて早々、最初に目に飛び込んできた車がスカイラインハードトップ 2000GT(1974年:KGC110)。通称「ケンメリ」だ。

スカイラインハードトップ 2000GT(1974年:KGC110)
後ろから眺める
正面
側面から眺める

「ケンメリって確か同い年だったような」。僕は1972年生まれなのだが、ケンメリも同じ年に生まれたと、なぜだかわからないが以前からそのように認識していた。そこで少し調べてみることにした。

ちなみに展示車脇にあったキャプションには1974とある

4代目 C110型(1972年-1977年)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E7%94%A3%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3

ケンメリとは、1972年から1977年にかけて販売された、4代目 C110型 日産スカイラインの通称であるようだ。

記憶はどうやら正しかったようだ。確かに1972年生まれのようだ。ただ、複数年に渡って販売されていたと言われると、ちょっと小首を傾げてしまう。もう少し希少性のある車だったような。あれ、違う車種だったのだろうか。確かケンメリは警察の車両に採用されていたぐらい一般的な車でもあったような。希少性のある車?

「ケンとメリーのスカイライン」というキャッチフレーズで大人気となった4 代目スカイライン。 この4 代目に設定された2000GT-R は、ツーリングカーレースへの参戦がなかったことに加え、販売期間も1973 (昭和48)年1 月からわずか4 か月、台数にして200 台足らずで生産終了したため、今もって「幻のGT-R」と呼ばれています。 4 輪ディスクブレーキ化や吸気側エアダクトの変更など、メカニズム面は先代GT-R より確実に進化し、通常の2000GT シリーズとは異なるメッシュタイプの迫力あるフロントグリル、ワイドタイヤの装着を想定してフロント側にも追加されたオーバーフェンダー、当時は異例の標準装備リヤスポイラーといったエクステリアも注目を浴びましたが、当時でさえ、その姿を路上で見かけるチャンスは、めったになかったのです。

http://nissan-heritage-collection.com/DETAIL/index.php?id=68

4代目スカイライン(C110型)の2ドアハードトップ2000GTをベースに1973年1月から4月の3か月のみ「2000GT-R」として販売されていた

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E7%94%A3%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3GT-R#2%E4%BB%A3%E7%9B%AE_KPGC110%E5%9E%8B%EF%BC%881973%E5%B9%B4%EF%BC%89

ただし、使用されていたS20型エンジンが昭和48年排出ガス規制に適合しなくなったため、レースカーもコンセプトカーが発表されたのみで実際のレースへ参加することはなしに3か月後の4月末をもってわずか197台だけで生産・販売が終了した。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E7%94%A3%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3GT-R#2%E4%BB%A3%E7%9B%AE_KPGC110%E5%9E%8B%EF%BC%881973%E5%B9%B4%EF%BC%89

どうやら記憶が混同していたようだ。展示してあったケンメリは2000GTだが、2000GT-Rというより高性能なレースを想定したモデルがあり、それが希少なモデルだったのだ。1973年に販売された2000GT-Rだ。

NISSAN HERITAGE COLLECTIONより

僕は昔から記憶力にはいささかの自信もない。珍しく記憶通りな事柄もあったが、本質的に間違えていたようだ。ケンメリとは1車種2ドアのみだと。そう思っていたのだ。実際にはいくつかモデルがある。既出のGTとGT-Rや、他にもGT-E、GT-ESというモデルもあるようだ。4ドアやワゴンもあるようだ。

やはり僕の記憶は信用できない。

結局は収納が中心になるプランが良いのだろうか

収納が中心となるプランを勧めるいくつかの理由

この数年、割と頻繁に思うのだが、収納を中心としたプランは、多くの人にとって理想的な住宅プランなり得るのではないか、と。

いくつかそう思うに至る理由がある。

まず第一に、人が暮らすとき、収納は必ず設置しなければならないある程度のスペースを必要とする機能だということだ。この、スペースを必要とするというのが割と厄介なものとなってくる。

通常、家づくりを考える場合、自分たちがより多くの時を過ごすスペースの充実を図ることを優先させることが多い。例えばリビングやキッチンなど。大抵の場合、収納について考えることは後回しになる。

後回しにされた結果、必要とされるであろう収納としてのまとまったスペースを確保することは叶わず、残ったスペースをパッチワーク状に散りばめた収納ができあがることになるだろう。使いづらい収納として。

第二に、収納は必要だが、その必要量を事前に想定することはなかなか困難であるということだ。収納にはいくつか種類がある。例えば、クローゼットや、納戸、パントリー、土間収納など。それぞれに必要とされる現時点のスペース必要量はおおよそ確定できるだろう。だが、5年後はどうだろう。10年後は。

こういった未確定な要素に対応するために、収納スペースの可変化が必要となってくる。では、どのように可変化を実現させるのか。

収納スペースの可変化

具体的には、クローゼットやパントリー、納戸などの収納スペースをまずはひとまとめにし、それぞれを簡易間仕切りや可動式の収納などで分割する。これだけだ。これだけで収納スペースの可変化は実現できる。

例えば10年後。クローゼットをもう少し広げたいとなった時、他のスペースを少し狭くすることによってクローセット広げることが可能になるのだ。特別な工事の必要はない。ただ収納スペースを間仕切っている可動式ななにがしかを動かせば良いだけなのだ。

収納は平面的に家の中央に配置されることになる

それでは実際にプランを見てみよう。

プラン1:収納を中心としたプラン例

まずはプランの説明から。

中心には蔵(収納)がどかっと鎮座している。蔵はあらゆる収納を取り込む。納戸、クローゼット、土間収納、パントリーなどなど。

その周りには必要な諸機能が取り付いている。蔵を中心として、周りにリビングやキッチン、寝室、洗濯室などなど諸室が配されてる。

表題にて収納が中心になるプランと書いたが、収納スペースをひとまとめにした「蔵」を前提にしたプランを作成すると、文字通り、蔵が平面的に中心に位置するスペースを占めることになる。なぜならば、蔵は諸室からの直接的なアプローチを必要とするスペースであり、直接的に接するには蔵の内側か外側かのどちらかに接するしかない。

このプランは蔵の外側に諸室が接している。蔵を中心として、諸室はドーナツ状に配されたスペースとなっている。

このプランの逆もある。蔵の内側で接する。つまり、諸室を中心として、蔵がドーナツ状に配されるプランだ。この場合の蔵はおそらく限りなく壁面収納的なものとなるだろう。すなわち外壁を形成している壁が全て収納も兼ねるのだ。

プラン2:壁面収納例。このプランでは露地右側の壁が壁面収納となっている
プラン1:収納を中心としたプラン例

収納スペースは裏導線

また、蔵は裏導線、家事導線を兼ねている。蔵が中心となる故に、導線(住人の移動経路)も蔵の中に入ってる。何故か。例えばプラン1でLDKから寝室への経路を考えてみよう。

蔵を通過しない導線は LDK-ワークスペース-廊下-家事室-子供部屋-寝室 となる。

蔵を通過する導線は LDK-蔵-寝室 となる。

このように、蔵を通過することにより導線はかなり短くなる。ある部屋に行くとき、短い導線と長い導線の二つを選ぶことができる。大抵の場合、短い導線を選ぶだろう。よって蔵のなかを導線が通過することとなる。

加えてこの導線は収納スペースでもあるので、導線の必要性と収納の必要性を秤にかけ、場合によっては収納スペースとすることも可能だ。

最後に

住宅を建てる場合、いずれにせよ、面積は自ずと限られてくる。定まったパイを各々のスペースが奪い合う形になるのが、プラン検討の常だ。キッチンをもう少し広げたいから書斎を小さくする。リビングを広げたいから家事室をなくす、など。そのようなとき、記名性の薄い転用可能なスペースがあれば、プラン検討の幅は広がるだろう。

このように、人が生活をする上で収納は必要であり、その収納スペースの可変化は将来の生活の変化にも柔軟に対応できる機能を提供し、同時に各々が充実させたいリビング等のスペースを広くすることも可能だ。収納スペースの可変化は、家づくりをする上での自由度を押し広げてもいる。

どうだろう。一度収納が中心になるプランを考えてみるのは。

ホームページをリニューアルしました。

この度、新しくドメインを取得し、ウェブサイトの引越しを行いました。

引き続き、建築デザインのご依頼を承っておりますので、お気楽にご連絡ください。

また、建築パース、建築アニメーション制作のご依頼も承っておりますので、外注先をお探しの際には、是非ご連絡ください。

旧サイトはこちらです。(http://jiga-d.com/di-arc/)